助産院の助産師 求人状況は?

msnjfiuahsf

助産師の求人を探してみると、助産院ではなく、
産婦人科での求人が目立ちますよね。

ですが、そんな中でも助産院で
助産師の求人を行っているところがありましたので、ご紹介します。

 

まず、条件は、助産師免許およびAコース以上のNCPRを持っていること。
若しくは、Aコース以上のNCPRを受講する予定であること。
さらに、臨床経験が3年以上あること。となっています。

給料は賞与が年に2回で、月28万円前後となっており、
パートの場合には時給約1,800円となっています。

 

ここに分娩手当て・交通費・残業手当・夜勤手当などが
加算されることになります。

このような求人情報を見てみると、
産婦人科での助産師の方が、条件が良いように感じますよね。

 

実は、助産師の職場として助産院を見てみた場合に、
待遇面では良い職場とは言えない状況にあります。

産婦人科とは異なり、個人の助産師による
運営・経営が行われているのが助産院ですので、
経済状態が良い助産院ばかりではないんですね。

 

そして、助産院はその助産院ごとに、特徴があり、
様々な考え方を持っているんです。

どのようなお産を目指すのか、
理想をもって開院した助産院が多いのがその理由です。

 

給料や待遇ではなく、理想とするお産を行うことが出来る様に
助産師として働きたいという気持ちがなくては、
助産院で助産師として勤務していくのは難しいんですね。

数は少ないにせよ助産師の求人はありますので、
看護師専門の転職サイトを利用して探すと、
見つかりやすいですしお薦めです。

 

 

助産院が減少している?!

jmwieuifsef

看護師の資格と同時に助産師の資格も取得している方であれば、
助産師として働く事が出来ますよね。

産婦人科で助産師として働く方法以外にも、
助産院で助産師として働く方法もあります。

 

ですが、助産院自体を見かけることは少なく、
本当にあるの?と感じている方も多いと思います。

一見あまり見かけないように思える助産院ですが、
街中でよく見てみると、個人経営のものから大規模なものまで、
意外とあるものなんですよ。

 

平成20年では、助産師が個人で経営している助産院が、
約800院ほどあるんです。

全国で約800院というのは、果たして多いのでしょうか。
昭和57年では、助産院は約2,500院もありました。

 

ということは、とても少ない数に
なってしまっているということが言えますよね。

助産師が開院することが出来るこの助産院というのは、
とても少なくなってきているのが現状なんですね。

 

ですがその一方で、助産師として働いている助産師の数は、
昭和57年から平成20年の間に、
約25,000人から27,000人ほどまでに増えているんです。

助産院で勤務している方だけではなく、
産婦人科や自治体などで勤務している方が多くなっているんですね。

 

とはいえ、助産院が減っているということから、
求人はあまり無いというのが現実です。

 

 

教育に力を入れている助産院もあります

uihiusjfsf

助産院では、助産行為だけではなく、
子ども達の命の教育に力を入れている助産院も多いんです。

多くの命が生まれていく助産院ですが、10代やもっと小さな子供達に対して、
命の教育を行う場としても注目されているんですね。

 

ですから、これらの命の教育に力を入れている助産院では、
同じように命の教育を積極的に行ってくれるような
助産師を募集しているという場合もあるんですよ。

今後大人になっていくこどもたちに対して
命の教育を行う人というのはとても貴重です。

 

命の素晴らしさや命を繋げるための行為、パートナーとの関係の重要さなど、
このようなことを伝えていく助産師として働くこともお薦めですよ。

助産院で働きたいと考える方の中には、
「助産師の資格が無い」「看護師だけど大丈夫?」
などの疑問を持っている方もおられると思います。

 

助産院での求人は、助産師が多くなりますが、
看護師の求人も実はあるんですよ。

看護師ですので、助産行為は行えないものの、
看護師が行える仕事というのもとても多いんです。

 

実際に、とある助産院では看護師の求人が行われています。

二交代制の日勤のみ、夜勤のみといった、
働き方を選ぶ事だって出来るんです。

 

規模の大きな助産院であれば、
このように看護師として働いていくことも可能なんですね。

 

 

助産師としての働き方は様々

msdiuefhuisf

助産院での助産師の求人は、
常勤か非常勤のどちらかの種類があります

常勤は正職員のことで、日勤も夜勤もどちらもあり、
病棟と同じくシフト制での勤務が多くなります。

 

さらに、助産院では常勤の助産師が
経営に関わっていくことが多くなるんですね。

自分たちで助産院を取り仕切っていくような仕事も行うんですよ。

 

もちろん全ての常勤の助産師が経営に携わるというわけではありませんが、
そのような場合も多いんですね。

非常勤の助産師は、日勤のみであったり、夜勤のみといった、
ある程度決められているシフトによって勤務していくことになります。

 

待遇面は正職員ではなくパートとなる場合が多いので、
常勤の助産師と違って経営に関わっていくことはあまりありません。

助産師の仕事は、助産を行う事が主となっていますよね。
ですが、この仕事以外にも、様々な相談に乗るという事も、
助産師の大切な仕事として存在しているんですね。

 

助産師は、保護者の育児に関する相談や指導をはじめ、
思春期や更年期の性に関する相談や指導も行いますし、
不妊治療を行う夫婦の相談にも乗ります。

多くのケースに応じた相談役として、採用される場合もあるんですよ。
女性の生涯を通しての健康に関わっていくのが助産師の仕事でもありますので、
助産以外にもそのような相談に乗ることも、大切な仕事の一つなんです。

 

 

助産師の求人は少ないの?

mefijseifs

最近では純粋な助産院というわけではなく、
病院の中に助産院が開かれているという場合もあるんです。

病院に通院している妊婦さんが、病院ではなく助産院で出産を行いたい
と希望があった場合に、助産院で出産できるというものです。

 

病院内にある助産院ですので、分娩中に何か異常があっても
すぐに医師の治療を受ける事が出来るために、人気があるんですよ。

このような病院内に設置されている助産院では、
積極的に助産師の募集を行っているというところもあります。

 

何かあってもすぐ近くに医師が居るので心強いという点からしても、
このような助産院はお薦め出来る職場でもあります。

産婦人科のある病院と比べてみると、
助産院の助産師の求人というのはとても少ないと言えますよね。

 

ですが実際に探してみると、出てくるものなんですよ。
ただ、これらの求人は公開されているわけでは無いんです。

公開されている求人ではないということは、看護師専門の転職サイトなどで、
非公開求人として出されているということなんですね。

 

ですから、看護師の転職サイトを利用して、探してみるといいですよ。

看護師または助産師の免許を持っていて、
助産院で働きたいという事を担当の方に伝えると、
自分に合った職場を探してくれますよ。

助産院によって特徴も様々ですので、
担当の方と相談しながら探してみてくださいね。

このようなサイトで詳しく紹介されています。

http://xn--gmqs9gxeu31hyjjbt2cdua.com/

 

 

助産院とは 

nmfcsijuehiurfs

出産するのは病院が一番だと考える傾向は、
昔よりも強くなっています。

ですが、一方で、自然なお産を行いたいと考える妊婦さんも
増えてきているんですね。

 

一人目の子どもは病院で出産したけれど、
二人目以降の子どもを出産するときには、家族みんなで迎えられるように
助産院で出産したいという方も増えているんです。

看護師の上位職である助産師は、助産院を開院することが出来ます。
実際に助産院を開院している方も多くおられますし、それと同時に、
将来的に開院を考えておられる方も多いんです。

 

ですが、やはり始めはノウハウも学ぶべきですし、経験も積むべきです。
最初は助産院で実際に働きたいと考える方はとても多いのではないでしょうか。

助産院というのは、それぞれの助産師の考え方によって運営されているものです。
昔であれば、個人の助産師が開院していた場合が多かったので、
一人で経営も運営もこなしている状態でした。

 

そのため、助産師を雇うということは少なかったんですね。

ですが、現在では多くの助産師を雇っている
大規模な助産院も増えてきています

 

このような大規模な助産院では、助産師の求人も多く行われていますので、
探してみるのもいいかもしれません。

ですが、助産院の求人を探すとなると、
やはり数が少なくなってしまうというのが現状でもあります。

 

 

分娩以外の仕事もあるの?

aihrgretgr

助産師の仕事は、分娩介助を行うだけと考える方もおられるでしょう。
ですが、分娩介助以外にも、働き方があるんですよ。

例えば、自治体の保健所であったり、保健サービスなどで
公務員として働くという方法があります。
助産師の養成所などで教員として働く方法もあります。

 

不妊治療を行っているクリニックなどでは、
今後妊娠・出産したいと考えておられるご夫婦のバースプランというものを
考えていくという働き方もあります。

転職活動をする際には、分娩介助だけではなく、
このような働き方があることも視野に入れてみてくださいね。

 

このような分娩介助以外の働き方もありますが、
助産師を必要としている職場はとても多くあるんです。

最近では、医療ミスの訴訟などの問題から
産婦人科を廃止している病院も多くあり、
診療所を開院する産科医というのも減ってきています。

 

その中で、女性が安心して出産できる場として、
助産院はとても注目を集めている場なんですね。

助産院は決して増えているというわけではありません。
ですが、経験を持つ助産師を育てていこうとする助産院は
増えているんですね。

 

助産師の転職先として、とても多くの場がある中から、
自分の働き方や目指すスタイルなど、
自分に合った職場を選ぶようにしてくださいね

 

 

助産師の転職!考えておきたいこと

woiejfksf

助産師の職場というと、助産院や診療所、病院などの、
出産が可能な施設を思い浮かべますよね。

これらの場所は、助産師が転職する職場として大変人気の高い職場なんです。

 

産婦人科のある病院では、高度な医療技術に触れながら、
分娩の介助を行う事が出来ます。

助産院では、助産師が主となり妊婦さんと協力して
出産の介助を行う事が出来ますよね。

 

また、診療所では病院などとは異なり、診療所ごとに特徴があります。
その特徴のあるお産を、医師とともに助産師が介助を行うということになるんですね。

まずは、自分が妊婦さんの出産を介助していく上で、
どのような関わり合いをもっていきたいのかという部分を
はっきりさせておく必要があります。

 

出産はいつ始まるのかわかりませんよね。
ですから、助産師の職場では24時間対応が必須となってきます。

いつ始まるのか分からない上に、
陣痛から長時間に渡り出産を行う妊婦さんもおられます。

 

助産院では、このような場合にも一人の助産師が
付きっ切りで介助を行っていく場合があります。

診療所や病院では、時間によってその場にいる助産師が
分娩の介助を行うという場合が多くなります。

 

最近は、診療所や産婦人科のある病院では、
夜勤専従の助産師を募集していることも多くなっています。

転職活動を行う前に、どのようなスタイルで働きたいのかという事も、
しっかりと考えておくことが大切です。

 

 

助産師の求人で重要視されるポイントとは?

柔軟な対応が出来る人が1番!

 

助産院ではどんな人材を採用したいのでしょうか。
キャリアがあるに越したことはありませんが、
現場で柔軟に対応できる人が望ましいと言えます。

人生経験に関しては年齢が高い人の方が
若い人よりも有利ではありますが、
しかし人当たりの良さや妊婦さんへの気遣いなどは
年齢とは関係がありません。

 

生きてきた生活環境で培ったものが
そのまま出ることでしょう。

助産師としての仕事は
看護師の資格があることが最低条件なので、
医療現場での基本はできることは言うまでもありません。

 

そこに、難しい試験を突破して助産師になったのですから、
それだけでも選りすぐりの人と言えるのです。

 

メンタルも重要です

 

資格を持っていれば後は実戦経験のみなので、
周りの人との協調性やコミュニケーション、
世間話を聞いてあげたりすることや
時事問題などの最新のニュースなど、

吸収すべきことと発信すべきこと双方に
対応できる人が望ましいでしょう。

 

初産の人は誰しも不安になります。
それが難産であればなおさらです。
陣痛が始まった妊婦さんを落ち着かせることも仕事です。

元気な赤ちゃんが生まれる瞬間に立ち会えるのも
この仕事の一つの魅力と言えます。

 

時には残念な結果になることもあるので、
メンタルが強い人というのも重要です。

 

大切なのは人間性や協調性

 

知識や腕前などの実戦経験よりは、
人間性や協調性が重要視されています。

なぜなら、助産院での仕事は
病気の人の介護をするわけではないので、
健康な人つまりは普通の接客と
同じスキルが重要になるからです。

 

サービス業で培ってきた経験がある人、
接客をした経験がある人などは有利でしょう。

患者さんを相手にするのと健常者を相手にするのでは、
気の遣い方が変わってくるものです。

 

サービス業のスキルがある人は
助産師向きなのかもしれません。

患者さんであれば助ける、
サポートすることに重きを置けばいいですが、
健常者であればそのような接し方をするには
不自然すぎます。

 

泣きわめいている子供に、
注射をするときにすぐ終わるよ痛くないよと
なだめたりするようなスキルの方が
よほど大事になります。

 

色々な妊婦さんへの気遣い

 

妊婦さんは大人ですので、
なおさら対応には気を遣わなければなりません。

痛くて普段出したことがないような
大きな声を出す人もいます。

 

また、無意識ですが殴ったり蹴ったり
罵声を浴びせたりすることもあります。

いかなる状況でも、わかってあげられるような
痛みを知ってあげられる様な人が
担当者だと安心できるのです。

 

助産師採用は人それぞれスキルにさほど差はないです。
それならば人間性が重要視されるのも頷けます。